ソープランドの歴史

風俗店の歴史について

風俗店の原点は吉原にあり!

ソープランドと聞いて、知らない人はいないのではないでしょうか? それくらい、日本ではソープランドが普及しています。 そもそもソープランドという言葉はどこからきたのでしょうか? また、いつからできたのでしょうか? ここでは、ソープランドについて知ってみましょう。

ソープランドの始まり

皆さんは、風俗と聞いて何を思い浮かべますか?
ソープランド?
もしくはヘルスやデリバリーヘルス?
近年は、これらが一般的かもしれませんね?
もともとは、遊郭と呼ばれる遊女たちを集めた場所が始まりともされています。
諸説はありますから、遊郭と呼ばれるものがいつ頃からあったのかははっきりとしたことは言えませんが、遊郭と聞いて思い出されるのは吉原の遊郭なのではないでしょうか?
最初、吉原は現在の東京都中央区にある日本橋人形町でありました。
しかも、江戸幕府公認の遊郭と言いますから驚きですね。
その後、大火によって移転をし、その場所で遊女たちが活躍していました。
時代が明治以降になっても、遊郭は存在し遊女たちがおりましたが、徐々にその姿は少なくなって昭和の時代に入るとその姿はひっそりと消えていきました。
時代劇などのドラマで、度々登場する吉原炎上。
女性たちの中には、家の借金の代わりに遊郭へ連れていかれたものも少なくないとされています。
遊郭は、全国に数十か所あったとされており、北は現在の北海道札幌市ススキノにあり、南は現在の沖縄県那覇市にあったとされております。
遊女の虜になって人生を狂わせた男性も少なくないようで、現在でも風俗店通いをしている男性も多いかもしれません。
いずれにしましても、今日まで性風俗が多くあり、利用する人が少なくないわけですから、人間としての本能のような、性のようなものは数百年、数千年経ってもなくなりはしないのですね。

風俗店の種類によって違う様々なサービス

ストレス社会と呼ばれる現代。 風俗店は、あなたをストレスから解放してくれて、心身ともに癒してくれる、そんなリラクゼーションスペースなのかもしれません。 風俗店の種類によって、サービス内容は変わってきます。 ソープランドの他にどのような風俗店があるのでしょうか?

風俗店をけん引してきたソープランド

風俗店の王道は、ソープランドなのではないでしょうか? 人によっては、ヘルスこそ風俗店の王道だと言われる方も少なくありません。 ですが、これまでの歴史を顧みても、これほど長く風俗業界をけん引してきた風俗店は、ソープランド以外ないのではないでしょうか?