風俗店の歴史について

風俗店の原点は吉原にあり!

ソープランドはもともと違う名前だった

戦後の日本にオープンしたソープランドは、もともと呼び方は違っていました。
中東では、サウナのような場所であかすりなどを行なっていた公衆浴場に似ていたことから、トルコ風呂と呼ばれていました。
トルコ風呂は、個室となっていて男性は裸でベッドに横たわり、その男性に女性がマッサージをしてあげるものでしたが、だんだんエスカレートしていき、性的なサービスを行う店が増えてきました。
その後、「性風俗」イコール「トルコ風呂」というイメージがトルコ人の反感をかい、公募の末、1984年に「ソープランド」に変名されました。
現在では、日本の各都市にソープランドが密集した場所が多くあり、昔の遊郭があった場所でもその名残はあります。

ソープランドの楽しみ方

あなたは、一度でもソープランドへ行ったことがありますか?
不潔だの病気に感染するだのという方は少し誤解しているかもしれません。
現在は、規制も強化されているのと同時に性感染症の検査なども保健所立会いの下、行われております。
ですから、風俗店が無許可で横行していた時代とはあからさまに変わり、清潔で安心したサービスを受けることができるのです。
ソープランドは、入浴料を支払い待合室に通されます。
待合室で呼ばれるのを待つわけですが、他の客と一緒なので少し恥ずかしいと思う方も少なくありません。
ソープ嬢に案内され、個室へと移動し、2人きりの時間を過ごします。
まるで恋人同士のような雰囲気にも似ているかもしれませんね。
ソープ嬢は、あなたの身体を隅々まで洗い流してくれ、ローションなどを使って全身でマッサージしてくれます。
本番行為もありますので、最後まで楽しい雰囲気を続けることができ、きっと満足することでしょう。