風俗店の歴史について

風俗店の種類によって違う様々なサービス

ソープランドの他にある風俗店の種類

皆さんは、ソープランドの他にどんな風俗店があると思いますか?
ヘルスといった、最近よく耳にするようになった風俗店もそうですが、その他には、ピンクサロンやおっぱいパブと呼ばれる風俗店などもあります。
ヘルスには、お店に行って楽しむファッションヘルスの他に、自宅に呼んで楽しむデリバリーヘルスやビジネスホテルなどに呼んで楽しむホテルヘルスとあります。
基本的にこの三つは、場所の問題だけであり、サービス内容には特別違いはなさそうです。
ソープランドとの違いは、浴場がないこと、本番行為がないことが大きな違いのようです。
また、どちらかといえばイメクラと呼ばれるような楽しみ方が一般的で、セーラー服やナース服のようなコスプレをした女性と様々なシチュエーションで楽しむものと言えるでしょう。

その他の風俗店について

キャバレーなど昔からよくある女性店員の身体を触れる風俗店が、性的サービスを行うようになり、ピンクサロンと変化していきました。
店内は、薄暗く、BGMが大きく流れカーテンで仕切られた個室で女性店員とお酒などを飲みながら楽しくおしゃべりをする。
制限時間もあるので、おしゃべりもそこそこに性的サービスをしてくれます。
おっぱいパブは、わりと新しくできた風俗店かもしれません。
キャバクラの一種で、お酒などを飲みながら女性店員と楽しくおしゃべりをしながらひと時を過ごします。
ショウタイムのごとく、BGMが流れて女性店員は男性客の膝にまたがるように乗り、上半身裸で腰を振り、胸を揺らせます。
ソフトタッチのみ許されるケースが多いですが、中にはおさわりOKの風俗店もあるようです。